インプラントの耐久性

2016年12月26日 / 未分類

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところまだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスがおこなわれていれば本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではきちんと噛向ことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大切なメリットの一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと同時に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。立とえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もおもったより自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番相応しいでしょう。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療をうけようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を捜すことも十分あり得ます。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大切です。インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

インプラント治療

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。という流れはみんな変わりません。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る